free hosting serviceで脳の活性

pc

近年では、Web Hosting(ウェブホスティングサービス)の中でも、free hosting service(フリーホスティングサービス)に注目が集まっているが、Secure Sockets Layer(通称SSL ※インターネット通信を暗号化された方式を利用して行うことで、サーバとクライアント間の通信、外部からの盗聴やデータそのものの改ざんを防ぐ技術)に対応していないサーバが多く存在するため、外部からの攻撃を受けた際に情報流出の危険にさらされる。

最近では、仮想サーバを利用するVPS Hostingが普及しており、共用サーバと同様に500円程度の低価格なものも普及している。それぞれのホスティングサービスにより、提供している内容は異なるが、FTPサーバを無料で利用でき、更にはWordpressへのカート設置昨日や、SMTP/POPサーバを利用したメール機能、そして多種多様なスクリプトのインストーラを利用することが可能である。

具体的には、1000MBの保存容量FTP accountの取得ファイルマネージャーの利用GUI(Graphical User Interface)に特化したコントロールパネルMySQLサービスやPHPのサポート機能も非常に充実したものになっている。しかしながら、SSL機能を備えたfree hosting service(フリーホスティングサービス)を提供するプロバイダーは非常に少なく、SSL機能に対応しているプロバイダーは大変人気があり、常に利用者で保存容量がいっぱいの状態である。

仮に西暦1955年生まれの今年60歳の還暦を迎える158万人が1アカウントにつき4000MBのfree hosting service(フリーホスティングサービス)を利用したと仮定すると、632,0000GBの容量が必要となる。

例を上げると、還暦世代では、Healthy(健康)への関心度が高く、自分の健康診断の結果を綴るブログやコレステロール値を2週間ごとに掲載するブログ、MRIの結果を画像で掲載しているブログなど多種多様に渡るが、還暦世代では約3万人がブログをやっているという報告がある。この数字は還暦人口の約0.01%にしか過ぎない

そこで私は、free hosting service(フリーホスティングサービス)を利用し、60歳を迎えた国民一人一人に専用のサーバに空き容量と専用のメールアドレス(email address)を割り当て、インターネット利用を促進することを提唱する。

アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある、ロサンゼルス大学の研究チームの報告によると、インターネットを毎日使用した場合、インターネットを1度も利用したことのない60歳とインターネットを毎日使用する60歳とでは、中前頭回(ちゅうぜんとうかい・Middle frontal gyrus)という人間の脳の前頭葉外側面の約 1/3 の領域を占める部分が活性化することが調査結果として記録されている。研究チームによる推測の段階ではあるが「インターネット検索の際に、沢山の情報を閲覧し、吸収しようとすることや、写真や文章から自分が重要と考えることを画面をクリックするという行為を無意識に行うことで脳が活性化する」としている。

free hosting service(フリーホスティングサービス)により、サーバの容量やメールサービスなどが利用可能になった場合、多くの還暦である60歳を迎える人々は、ブログを立ち上げ日々の様子を立ち上げるだけでなく、第2の人生のスタートとして、Wordpressを利用し、これまでの人生経験で得たものを様々なBtoCサービスとして展開していくことに違いない。退職後は日々の仕事から解放され、HTMLにとどまらず、C言語、Java Script、PHP、VBAなど様々なプログラミングを習得していくことで、美しいWebサイトを構築することに喜びを覚えるようになり、充実した次の人生に繋がっていくだろう。

ホスティングサービス業者一覧

hosting

ホスティングサービスとは

Hosting server(Rental server、Shared serverとも)とは、複数のUSERが利用するserverのことで、WebサイトやWebアプリケーションをインターネットで一般公開するために使われる。Hosting serviceとはserverの利用者自身でserverの運営・管理をしなくてもいいように、有料または無料でserver機のHDDの記憶スペースやInformation processing functionなどを利用させるサービスを言う。serverHosting、または「Rentalserver」、「Sharedserver」とも呼ばれる。

serverの運営・管理はProvidersやtelecommunications carrierが行っているものから、SOHOで個人的に行っているものまであるが、総じて1台のserverを仕切ってクォータとして複数の利用者に貸し出す形を取る場合が多い。server機が設置・稼動している場所は Internet Data Center (IDC)と呼ばれている。

一般にはサービス提供者が所有する1台のserver機を複数の利用者で使用するものが多いが、サービスによってはserver機一台を丸ごと占有できる専用serverもあり、server機をサービス提供者の所有ではなく利用者の所有としてデータセンターに設置し、通常の運用を委託するHousing、co-location typeのものもある。

<日本の主なホスティングサービス提供事業者・サービス一覧>

アフィリエイトサーバーズ
at+link
スカイアーチネットワークス
アドミラルシステム(ASJホスティングサービス)
さくらインターネット
シーズホスティングサービス
レグルス(レオサーバー)
GMOインターネット お名前.comレンタルサーバー
かんたんサーバー
レンサバ.com
interQ OFFICE レンタルサーバー GMOクラウド

A&I Webホスティング
GMOペパボ ロリポップ!
heteml
プチ・ホームページサービス
Just-Size.Networks
GMOデジロック XREA
CORESERVER

FC2
xbit
xserver
スタジオマップ
使えるねっと
Yahoo! JAPAN(ジオシティーズ)
ファーストサーバ
IDCフロンティア
パラダイムシフト(TOK2、Site Mix)
プロックスシステムデザイン
NTT PCコミュニケーションズ(WebARENA)
NTTコム BIZホスティング
リンククラブ
J-NAVI
1stレンタルサーバー
ネットオウル ミニバード
ファイアバード
クローバー
ウェブクロウ
スターサーバー

FTP(File Transfer Protocol)について

ftp01 ftp02

FTP(File Transfer Protocol)はinternet初期の頃から存在するprotocolで、今でもinternetでよく使用されるprotocolの1つである。protocol上は任意のHost間のFile転送を行うことが可能であるが、通常は接続したClientとserver(FTPserver)間の転送に利用される。

用途としては
Webpage用の各種DataFile(HTML Sauce、画像など)のClientのPersonal computerからWebserverへのupload、Personal computersoftware配布サイトや、dataが入っているFTPFileserverからClientへのFileのDownloadなどに使われる。Downloadについては、Browsersoftwareでも可能であるが、UploadについてはFTPClientsoftwareやCUICommandが必要となる。

任意のHost間の転送を指示できる名残として、serverへの接続時のCommand用とは別にdata転送用のConnectionを確立するが、この確立方法にactive mode、Passive modeという2種類の方式がある。
active mode(port Modeとも言う)では、Clientがserverへ待ち受けIPaddressとport 番号を通知し、serverがClientから通知されたIPaddressのport 番号へConnectionを確立しに行く。このとき利用するport 番号が毎回異なるので、firewall、NAT(IPマスカレード)などを使った環境では場合によってはうまく接続できないこともある。この場合はPassive modeを用いる。

Passive modeではserverがClientへ待ち受けport 番号を通知し、待ち受けport 番号の通知を受けたClientがserverへConnectionを確立しに行く。いずれのModeでも、Command用とdata用で別々のConnectionを張ることには変わりはない。 server側にfirewallがある場合、dataConnectionのためにどのport 番号を使うかを設定してfirewallとの整合を確認する必要がある。 Passive modeを使っている限りにおいては、Client側のfirewallは気にする必要がない。

通常、serverに接続する際には認証を必要とするが、専らFile(主に無償のフリーsoftwareなど)を配布する目的で、匿名でaccessできる Anonymous(匿名) FTP serverを用いる場合もある。ただし、匿名accessでも形式上認証が必要であり、この場合、ユーザとして”anonymous”または”ftp”を指定する。

Password は通常何でもよいが、配布したsoftwareに瑕疵があった場合などにserver管理者が連絡をとることができるよう、ユーザの電子email addressを指定するのがマナー(ネチケット)とされてきた(email addressのdomainがClientのIPaddressの逆引きなどから明らかな場合は、”foo@”のようにdomainを省略することも多い)。serverによっては、Password がemail addressの形式を満たさないと利用できないこともある。

しかし、近年ではスパム(spam mail)などの問題により、むやみにemail addressを公開しない風潮が高まっていることから、このマナーは廃れつつある。また、現在ではFTPClient機能を備えたWebbrowserで匿名FTPserverにaccessすることも多く、この場合Password は特に指定しない限りbrowserのDefault設定(Internet Explorerであれば”IEuser@”など)が使われ、email addressとして意味のあるものにはならない。

POP before SMTPとは

smtp02

POP before SMTPの利点として、「MailSendingはSMTP、MailReceivingはPOP3」という一般的なUser environmentを、一切変更する必要がないことがある。しかし、UserがMailSendingする前に、必ずPOP3による「Receiving」動作をUserが行わなければならない、という操作手順の制約が発生する(POP before SMTPのことを知らないUserからの「MailがReceivingできるがSendingできない」という質問・苦情がしばしば見られる)。またISPにとっては、本来は全く独立に運用していたSending用(SMTP)MailServerと、Receiving用(POP3)MailServerの間の連携が必要となり、運用がやや煩雑になる、という問題点がある。

POP before SMTP の前提となっている仮定が必ずしも成り立たないCaseも存在する。すなわち、POP3Authenticationを通過した正規Userと同じIPAddressで接続してきたUserが、正規とは限らないCaseである。

一例として、多数のUserをNAT環境下に収容しているISPから接続した場合が相当する(NAT環境下では、多数のUserが単一もしくは少数のグローバルAddressを共有するため)。また、個人向けInternet接続サービスでは、同じISP内部のUser間でIPAddressを使いまわしている場合がほとんどである。しかし、POP before SMTP は厳密なUserAuthenticationが目的ではなく、ISP外部からの中継(Sending)用MailServerの意図的な不正利用を十分に困難にすることができればよいとされ(実際、同じNAT環境下の他のUserが、どのISPのMailServerに対してPOPAuthenticationを最近完了したかを知ることや、POPAuthenticationを実行したUserのIPAddressと同じAddressを限られた時間内で取得することは、一般Userの立場では困難である)、2006年現在、POP before SMTP は多くの ISP で採用されている。

POP before SMTPは、上記のようなやや不完全な面もあるため、あくまでも本来のUserAuthenticationの目的で設計されたSMTP Authentication 等が普及するまでの「つなぎ」とするべきという考え方もある。SMTP Authentication には「AUTH-LOGIN」「AUTH PLAIN」「AUTH CRAM-MD5」などいくつかのユーザAuthentication方式があり、SMTP AuthenticationではServerとClientの双方が対応していなければならないものの、MailSendingの際にSMTPサーバとユーザとの間でUserAccountとPasswordのAuthenticationを行い、Authenticationされた場合のみメールの送信を許可する。

↑ PAGE TOP