free hosting serviceで脳の活性

近年では、Web Hosting(ウェブホスティングサービス)の中でも、free hosting service(フリーホスティングサービス)に注目が集まっているが、Secure Sockets Layer(通称SSL ※インターネット通信を暗号化された方式を利用して行うことで、サーバとクライアント間の通信、外部からの盗聴やデータそのものの改ざんを防ぐ技術)に対応していないサーバが多く存在するため、外部からの攻撃を受けた際に情報流出の危険にさらされる。

最近では、仮想サーバを利用するVPS Hostingが普及しており、共用サーバと同様に500円程度の低価格なものも普及している。それぞれのホスティングサービスにより、提供している内容は異なるが、FTPサーバを無料で利用でき、更にはWordpressへのカート設置昨日や、SMTP/POPサーバを利用したメール機能、そして多種多様なスクリプトのインストーラを利用することが可能である。

具体的には、1000MBの保存容量FTP accountの取得ファイルマネージャーの利用GUI(Graphical User Interface)に特化したコントロールパネルMySQLサービスやPHPのサポート機能も非常に充実したものになっている。しかしながら、SSL機能を備えたfree hosting service(フリーホスティングサービス)を提供するプロバイダーは非常に少なく、SSL機能に対応しているプロバイダーは大変人気があり、常に利用者で保存容量がいっぱいの状態である。

仮に西暦1955年生まれの今年60歳の還暦を迎える158万人が1アカウントにつき4000MBのfree hosting service(フリーホスティングサービス)を利用したと仮定すると、632,0000GBの容量が必要となる。

例を上げると、還暦世代では、Healthy(健康)への関心度が高く、自分の健康診断の結果を綴るブログやコレステロール値を2週間ごとに掲載するブログ、MRIの結果を画像で掲載しているブログなど多種多様に渡るが、還暦世代では約3万人がブログをやっているという報告がある。この数字は還暦人口の約0.01%にしか過ぎない

そこで私は、free hosting service(フリーホスティングサービス)を利用し、60歳を迎えた国民一人一人に専用のサーバに空き容量と専用のメールアドレス(email address)を割り当て、インターネット利用を促進することを提唱する。

アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある、ロサンゼルス大学の研究チームの報告によると、インターネットを毎日使用した場合、インターネットを1度も利用したことのない60歳とインターネットを毎日使用する60歳とでは、中前頭回(ちゅうぜんとうかい・Middle frontal gyrus)という人間の脳の前頭葉外側面の約 1/3 の領域を占める部分が活性化することが調査結果として記録されている。研究チームによる推測の段階ではあるが「インターネット検索の際に、沢山の情報を閲覧し、吸収しようとすることや、写真や文章から自分が重要と考えることを画面をクリックするという行為を無意識に行うことで脳が活性化する」としている。

free hosting service(フリーホスティングサービス)により、サーバの容量やメールサービスなどが利用可能になった場合、多くの還暦である60歳を迎える人々は、ブログを立ち上げ日々の様子を立ち上げるだけでなく、第2の人生のスタートとして、Wordpressを利用し、これまでの人生経験で得たものを様々なBtoCサービスとして展開していくことに違いない。退職後は日々の仕事から解放され、HTMLにとどまらず、C言語、Java Script、PHP、VBAなど様々なプログラミングを習得していくことで、美しいWebサイトを構築することに喜びを覚えるようになり、充実した次の人生に繋がっていくだろう。

↑ PAGE TOP